会社のチラシの印刷は外注したほうがお得

オフィスのプリンターを使って地道にチラシを印刷している会社もありますが、これは本当にコストダウンになっているのでしょうか。実はプリンター機もレンタルで、一枚印刷するごとにお金がかかっているならコストダウンにはなっていません。紙代に人件費もかかって逆にコストアップになっています。データがあるなら外注したほうが安く早く、しかもキレイに仕上がります。プロ仕立てのチラシのほうが、お客さんはちゃんとした会社の宣伝と思ってくれます。自分たちで印刷するとどうしても素人臭さが出てしまうので印象ダウンです。大量に発注するとおまけで100枚くらいつけてくれることもあります。上手に外注して業務の負担とコストを減らしていきましょう。業者によってはチラシのデータを保管したり、デザインの相談に乗ってくれるところもあります。

印刷:自分の趣味を本にする

本って、実は簡単に出来ちゃうんですよ。手作りで製本するのもまあ良いのですけれど、私のお勧めは印刷所への入稿で、印刷所に仕上げてもらうタイプの本の作成ですね。あれはかなり良いです。表紙さえしっかり解像度で(絵でなくても良いのです)仕上げてしまえば、かなり市販の本に匹敵するレベルのものが出来ます。例えば同人誌っぽくない、電車で読んでてもありかな、っていうのも作れちゃいます。文庫本サイズもおすすめですかね。ちょっと、出来上がると誇らしいです。きちんとアルバイトしたり働いていたら払えない額ではなく、しかも趣味としては趣味の枠に収まる値段で、具体的には個人で10万円以内とか、もっと安くとか可能です。できちゃうんですよ。あんまり知らなくて踏み出せない人が多いので、私はもっとこのことを広めていきたいと思っていますね。

印刷所に入稿してオリジナルグッツをつくる

一次創作をしている人にとって、強みは著作権なんて気にしなくて良いことです。あ、二次でも個人利用の場合は結構認められることが多いみたいですが、とにかく、グッズ、自分で作っちゃっていいんですよ。実は結構お手頃に出来たりします。本でも印刷を一冊から請け負ってくれるところもありますし、かなりお手軽に、ハードルなんかないくらいになっています。そのくらい需要があるんですよねえ。趣味で小説を書いている人って多いけれど、どのくらいの人がその小説を本にまでするのでしょうか。私は自分の文章が本になっているのを見るのがとても好きなので、たまにやってみますが、かなり充実感がありますよ。びっくりするほどお手軽ですし、なんか恥ずかしいなあと思っても全く、相手は仕事ですから。今の世の中、そこそこのお金さえ払えばいろいろとできちゃうんですよね。